薄毛をどうにかしたいのなら原因を知っておくことは必須条件

そもそもハゲと言うのは、病気やケガなどの身体的な原因によるものを除いた薄毛の状態のことを言います。
ハゲと言われる人は日本人男性のうちの30%にも上ると言われ、その大半が男性型脱毛症なのです。
本来生えているはずの毛の量が多くの原因によって成長しなくなって減ってしまったり、
また一つの毛穴から生えている毛の本数が減ってボリュームがなくなってしまった状態のことをハゲ・薄毛と言います。

 

ハリやコシが無くなったとか、抜け毛が増えた気がすると感じ始めたら男性型脱毛症を疑った方が良いでしょう。
男性型脱毛症とは育毛の権威である慶応義塾大学病院においては

 

 

男性型脱毛症
男性型(女性型)脱毛症は性ホルモン特に男性ホルモンの影響によりある特定のパターンをもって脱毛が進行していく状態をいいます。男性では前頭部からM字型にあるいは頭頂部から円形に脱毛が進行します。女性の場合は、前頭部の毛髪は比較的維持されますが、前頭部から頭頂部の間が薄毛になるという特徴があります。脱毛の症状はゆるやかに進行します。ある程度遺伝性があるとされています。なぜ、このような脱毛が生じるのでしょうか。それは、主として男性ホルモンの影響により毛の生えかわり(毛周期)が早くなり毛包が十分に大きくなる前に毛髪が抜けてしまうことを繰り返すため毛包本体が小さくなるからです。そのため大人のしっかりした毛髪がうぶ毛のようになり脱毛します。
引用 脱毛症|慶応義塾大学病院

 

のように定義されています。

 

以前ならハゲや薄毛の症状は年配の方の悩みととらえられていましたが、最近では若い人にも薄毛の悩みは広がっています。
それを若年性脱毛症と言います。いわゆる若ハゲと呼ばれる症状です。

 

一般的にハゲや薄毛の原因にはたくさんの要因があり、一つだけ改善しても思うように薄毛が治っていくわけではありません。
育毛剤を使用したからと言いてすぐに毛が増えるわけでもなく、食事やお酒、たばこ、ストレスや睡眠など多くの問題を解決しなければならないのです。
特に若ハゲと言われる症状の原因にはファッションの為のパーマやヘアダイなども深くかかわっており、
そこに不規則な生活が合わさって負の相乗効果を生んでしまうのです。
知らない間にハゲの状態になりたくないのなら、それらのすべてを改善していくことが大切です。
薄毛どうしたらいい?と思ったらまずは改善を始めるのが第一歩なのです。

 

男性型脱毛症は早期にケアを始めることで改善していくことが多いのです。
放っておくとだんだんに毛根までダメージが広がり、ついには毛根が死んでしまってハゲの
状態がら脱することが出来なくなってしまいます。思い当たる薄毛の原因をなくす努力をしていき、
さらに育毛剤を使用して出来るだけ早く薄毛やハゲを改善していきましょう。

 

自己流でどうしても上手く行かない、また原因の特定が自分ではできなくてどうしていいのか
分からないという方は、専門医に相談することがお勧めです。正確な診断が薄毛の改善に役立つのです。